2020年7月10日金曜日

赤ちゃんたち色々生れてます!

毎日雨の梅雨らしい柏島。 九州では大雨の被害が出ているもののコロナでボランティアさん達も入って行けない場合もあるそうで、ほんまに気が気ではないですね?

しかも、都会では増え続けるコロナウィルス感染。 普通の風邪も引けない状況です。

そんな中、ゲストさまの居られない時に探さなきゃ!って、行ってキマシタ。

水中の透明度はそんなに悪くなく、15m位あります。 そして水温ですが、23℃弱。 毎年7月ってこんな感じですが、まだ例年に比べると温かい方じゃないかな?

陸は暑いです。ただ、柏島は風が吹くとちょうどいい涼しさで、寒がりの私にはちょうどいい季節です。 ウェットに替えましたが、まだドライでもいいかな~。汗かくけど。。

今年はミナミハコフグの赤ちゃんが中々出てこなかったけど、今日サイコロサイズの子にも逢えたし、可愛い方のジョーも発見。 アデウツボの赤ちゃんは細くて小さかったな~。

次々出逢いのある今、コロナさえなければ、多くのゲストさまを笑顔にできるのにな~。


アデウツボの幼魚ちゃん

可愛いジョー君

生れました!!

珍しいキツネメネジリンボウとヒレナガネジリンボウの共生

春見つけたコビトスズメダイの幼魚も大きくなりました。

ミナミハコフグの赤ちゃん可愛すぎる!

ヤマブキハゼさん綺麗


2020年7月6日月曜日

めっちゃ小さくてめっちゃ可愛いい豆っ子(タマシイサイズのアオサハギベビー)

今朝ボートでリクエストされたポイントまで、嵐かと思うような海上でした。 今は静かなものですが。。 雨もよーさん降りましたね。 九州のニュースを見てショック受けました。

柏島の雨は今は止んでいます。 そんなこんなですが、水中の透明度は黒潮のお陰で良いです。 水温も23℃位。 海から上がりたくない季節がそこまでやって来てますね~。

今日から中村からのバイパスが宿毛近くの鶴亀のとこまで伸長したので、ますます便利になりました。 お車でお越しになられる方は少し近くなりましたよ~♪

水中が良いので、マクロっ子達との写真撮影も楽しくてしょーがありません。
ですが、コロナの影響で、潜るのも久しぶりのゲストさまも多いかと思われますが、seazooは少人数制なので、しっかり見させてもらってます。

それでは先週末と今日の写真をどーぞ! 

肉眼では見えないようなアオサハギベビー

メスにイケメンさをアピールちうのベニヒレイトヒキベラ

真っ赤なバサラカクレエビ

アカゲカムリはこの角度が可愛い

シャイなフリソデエビちゃん

1時間もやってたミヤケテグリオスの喧嘩

キイロテンテンエビさま

イナズマヒカリイシモチの口内保育ちうのタマゴは目ができてます。

2020年7月4日土曜日

透明度と水温上がりました!!

今日は午前中大雨でした。 熊本も雨で大変な事になっているとか。 柏島は午後は快適な海に戻りましたが。。

そう!水温と透明度が上がりました!

黒潮やってきてクレマシタ! 水温23℃に回復。 透明度も20m位見える感じ。 ただ、雨やったんで暗めでしたけど。。

それでもまだハナイカのタマゴの中の赤ちゃん、写真に撮れました。 ライトアシストは勿論完璧です。 写真はアシストしてもらうと、実際よりも美しく撮れます。
現像処理も先日のフォトセミナーで学んでいるハズなので、忘れないうちに実践しましょう!

水温が上がったおかげでハゼたちの共生シーンも見れるようになりました!
飛んでくれてますよ~!

ハナヒゲウツボも2か所に出てくれてたし、イロカエルアンコウも大きなアクビをシテクレマシタ。 ハナキンチャクフグのオスのケンカとか、水中のマクロっ子たちの生活をかい間見せて貰えて、毎日新鮮な感動の柏島です♪


ヤシャとヒレナガネジリンボウとハナハゼちゃん

イロカエルアンコウ、みかんちゃん2号のあくび

スケロクウミタケハゼさん

イトヒキベラヒレ全開

コバンハゼsp

ハナキンチャクフグの喧嘩

ゲストさまだけで撮って頂いたハナイカ赤ちゃん 

seazooガイドがアシストするとこんな感じに。



2020年7月3日金曜日

ずうっと愛して。長~く愛して。

昨日晴れてたよね? というのがウソみたいな雨。 梅雨なのでしゃーない。 お肌はしっとり。髪はクネクネ。

本日も水中のマクロっ子たちのこの時期を写真で切り取ってキマシタ!

キンセンイシモチ達の産卵シーンは毎年写真撮りたいシーンです。 ミヤケテグリの浮気者のオスとかと違って、ちゃんと夫婦で「ずうっと愛して。長~く愛して。」って、昔あったウィスキーのキャッチコピーみたいに寄り添って、協力し合って産卵するんやもん!

グループ交際から始まって付き合いだして夫婦になって、協力し合って産卵。オスが口の中にタマゴを入れて育てます。 

ああああ!!なんて偉いんや!イシモチパパ、いつも水中で応援してるからね!

他にもウフフって口押さえながら砂に潜っていくカラッパさんや、縄張り争いなのか少しも譲らないイソカサゴの喧嘩シーンとか、めっちゃ楽しい!

水温や透明度はイマイチやけど、被写体や生態が楽し過ぎて寒さ忘れる本日なのでした!


産卵シーンは燃えます!

イソカサゴさんのキス、じゃなくて喧嘩

カラッパさんはお急ぎで。

フリソデエビご夫妻

ノコギリヨウジの抱卵

黄色い天使、ミジンちゃん、旦那様何処?

美しいクレナイイトヒキベラ

2020年6月30日火曜日

タマゴも幼魚たちも色々で楽しい!けど、今日は南風ツヨシ!

今日は強い南風が吹くという予報なので、朝早く出港して潜ってキマシタ。
昨日のログも合わせて書きます。

海の透明度と水温が落ちたので(透明度10m位、水温19~21℃)またドライスーツに逆戻りです。 

エントリーすると、思ったよりウネリ入ってる! てか、流れてる!

でも、水中の楽しさは相変わらずで、もう6月も今日で終わりやけどタマゴシリーズはまだまだこれから。

ハナイカのタマゴもまだ目の赤い子が居てくれるから、大事にしながら見てれば、来週末までもつかもしれません。 

他にも可愛い子たち色々。 写真をどーぞ! 私の手はグローブから手袋状態まで腫れが引きました! ご心配おかけしてすみませんでしたー!

カモハラギンポのタマゴたち

ハナヒゲウツボの色は夏色

ハナイカの赤ちゃん

ヒトデヤドリエビをartに

ムチカラマツエビ君

オトヒメウミウシさん

シテンヤッコの幼魚ちゃん

トサヤッコの幼魚ちゃん

2020年6月28日日曜日

グローブみたいな手になったワケ。

今日あった凄い事! ハナイカの赤ちゃんのハッチアウトが見れた事がナンバーワンやねんけど、その他やったら・・

ミノカサゴの背びれに刺された右手がグローブみたいになったこと!

ダイビング開始して30分経過した位に刺されて、

「いったーーー!!」

ってなったけど、それから右手をしぼったり、口で毒を出そうとしたり、手を上げたりしながら必死のガイド。 途中めぐちゃんを探したけど、マット君も別チームでいないし、ゲストに心配させてもなぁ・・と、頑張りました。

が、ほんまは他の店のガイドの子でにでも言いたかった・・

でも、変わってもらったとてあと数分。 ガマンしました。痛かったケド。。

船に上がるとすぐにお湯に患部を漬け、30分以上腫れた手を見てた気がする。。

初めてやられたミノカサゴの背びれ。 まま、自分が悪かったとはいえ、海の中は何がおこるか分からない。 まだゲストさまじゃなく、自分だったのがヨカッタ。

これから本格的な夏だから、楽しむ為にも注意していこっと!


ハナイカの赤ちゃんの旅立ち

まだタマゴの中の赤ちゃんたち

このコウイカの赤ちゃんのライトアシストは激痛の中。

イナセギンポ可愛い

タマギンポ、平和な感じ

イナズマヒカリイシモチの口内保育も

コンペイトウコブシガニ、3個体で

2020年6月26日金曜日

ロウソクギンポの求愛からシロオビハナダイの幼魚まで@柏島

気温がぐんぐん上がって暑い毎日。 今日から私もウェットにチェンジ。 ほんまはドライが好きなんですけど、さすがに汗が・・。

水温も21~24℃位の間をさまよってますが、着古したスキンのスーツでも寒くなかったです。
透明度も15m位あるし、ポイントによってはワイドレンズ向きなところも!

明日から阿部秀樹先生のフォトセミナー。 ドタ参も歓迎です。今晩中に参加表明して下さるなら。 とりあえず、お問い合わせはSEAZOOまで。

毎日私は海に。メグちゃんはマル秘の行動に。 マット君はマイペース。

フォトセミの為にせっせと被写体探して参りました。 その中でもロウソクギンポの求愛は最高に面白かったです。 タイドプールとかでの撮影ではないので、めっちゃウェイト付けて行ってきました。 柏島のロウソクギンポは、メスの方が積極的?なのか、オスはメスを呼ぶ時はお家からかなり身を乗り出して大きく身体を震わせるのですが、メスはダッシュで気に入ったオスのお家にやって来ます。

題名 押しかけ女房 

でも、草食系なオスの多い昨今。 この位積極的なメスの方が結婚も早く成り立つのでしょうね。この後、この子達がどうなったかは明日私に尋ねて下さいね!

ハナイカのタマゴは残り少なになってきました。 見たい方、撮りたい方はお早目に!


積極的なメスからの告白にオスもコーフン状態

ハナイカさんも!

タマゴの中のハナイカの赤ちゃんたち。

シロオビハナダイの幼魚

アケボノハゼ

ゴテンカエルウオの幼魚

キンセンイシモチ口内保育